12月 282013
 

年末テレビの討論バラエティで、元皇族を売りにしている評論家と、男性タレント(だと思う)が、広島原爆慰霊碑に書かれている「過ちは繰り返しませんから」という言葉について、この「言葉の主語は誰か?」とか、それは「次の戦争の時には負けるような過ちは繰り返しませんから」と読むべきだと叫んでた。女性タレントが、原爆慰霊碑の言葉を読んで平和の大切さを考えた、と発言をしたことへの反応らしい。

正月を間近に縁起でもないが、となりに座る三男を見て、もしかしたら、こんな奴らにこの子や(できるかどうかは知らないけど)孫が殺されるのかもしれないな、と考え込んでしまった。

太平洋戦争でも、ルワンダや旧ユーゴの内戦でも、こんな風に無責任は国粋主義や偏狭な民族主義をあおって個人的利益(出演料だったり、個人的な鬱憤解消だったり)を得ようとすることが、新聞やラジオやテレビ、ネットと時々のメディアで持ち上げられて不安定な世論を後押しした訳だから。

ちなみに「言葉の主語は誰か?」という発言はネットからのぱくりだった。「過ちは…」の正確な文章が知りたくて、Googleで検索をかけたら、検索結果の一番最初にこの趣旨をタイトルにしたブログがヒットした。ネット検索トップからのパクリでギャラをもらう評論家って。。。

タレントと評論家は、原爆について日本は被害者だ、国際法違反だ、「過ちは…」なんて言葉が自虐的だという趣旨のことを言っていた。一応、一般人よりモノを知っているという前提でギャラを得ている人間が、戦争を正義と悪、被害者と加害者に分けられるという超単純な思考回路を披露することがまず理解できない。戦争は外交の失敗で、それをなんだかんだ支持してしまった国民抜きには遂行できるわけがない。原爆に代表される非戦闘員に対する無差別航空攻撃は、枢軸国と連合国どちらか一方の悪者がやったことではない。つまり、ピカソの壁画で有名な1937年のドイツによるゲルニカ爆撃、そして1938年の日本による重慶爆撃は非難されたが、第二次大戦後半では、東京爆撃やドレスデン爆撃のように連合国側も普通に行っていた。つまり、無差別空爆は、当初こそ交戦法違反として非難されながら、結局は戦争遂行に不可欠な一般的な戦略となってしまって、今に至っている。その意味では、原爆は、意識的、無意識的に戦争を支持した私たち日本国民の誤りでもあったのは間違いない。国が戦争に動いていくときに、それに異議を唱えるのは容易なことではないだろう。たぶん、私も投獄されるのは嫌だし、家族がいるので失職して経済的損失を被る勇気もないだろうから、流される一員になりそうな気がする。だからこそ、念仏のようなモノだと承知の上でも「過ちを繰り返しません」という言葉を真剣に受け止めるべきだと思うし、子供たちにも同じように教えるべきだと思っている。

あと、20世紀以降、戦死者の圧倒的多数は非戦闘員であるということも。

11月 212012
 

ここ数日の朝の様子。午前8時ごろ。電線が全て地中化されているからスッキリしている。
今度の日曜日までは晴天がつづいてほしい。

11月19日

20121121-080807.jpg

11月20日

20121121-080832.jpg

11月21日

20121121-080845.jpg

6月 012012
 

立命館大学で6月1日に行われた「社会体制と法」研究会・研究総会で、研究報告をしました。研究総会のテーマは「イスラーム法と体制転換」。

私の報告テーマは「インドネシア宗教裁判所管轄事項の変化とその問題点」でした。配付資料は以下のリンクからダウンロードできます:

配付資料

4月 162011
 

On 24 March, GSID had graduation ceremony. 4 of our seminar members graduated this year.

Two are going to work at companies. One is pursuing his research in Ph.D. course of the GSID. One is back to his country and going to teach constitutional law.

semi members!

semi members!

Luis giving speech as a representative of graduating students. He continues his research in Ph.D. degree, GSID.

Luis giving speech as a representative of graduating students. He continues his research in Ph.D. degree, GSID.

1月 272011
 

『防災学原論』

原書の内容は非常に重要なんだけど、翻訳が...3万円近く出させるなら、もう少しチェックしてほしかった。「オックスファム(Oxfam)による構造調整政策が実行された国」って。。。ちょっと考えれば、あり得ないと思うけど。ちなみに原書なら4000円くらいで買える。

1月 132010
 

プノンペンで開催された国際開発研究科主催の国際会議に出席してきました。他のスケジュールの都合で、2泊4日の強行日程となってしまいましたが、私は学生報告セッションの司会を担当しました。

私の担当したセッションでの報告は(1)カンボジア農村における土地取引と生存戦略の変化、(2)フィリピンにおける洪水災害リスクよる社会経済変化への対応、の2本。

特に意図したわけではないですが、どちらも私の現在の研究課題に大変示唆的であり、おもしろかった。

カンボジアの報告は、農村部で土地取引を行ったことのある農家への実証的調査に基づく無のであり、農村部でも土地取引が盛んになっているが、取引の動機は農業収入の不足分の補完、特に車やバイクなどの消費財を購入するためがほとんどであり、生存戦略の多様化(たとえば起業や収入源の多様化)にはあまりつながっていないという内容であった。特に、結果として土地の集中、土地なし層の増加、農業従事者の収入減少、土地利用の非効率化(これの理由を細かく聞くのを忘れた)、などの結果を引き起こしているという。このような調査は、法整備支援の想定する成果を検証するために重要な事項だとおもう。もっとも、農村部での土地所有は土地法や民法の想定する所有権ではなく、慣習的土地保有(住民の記憶に基づく)ものであり、都市部のような法的な登記の存在を前提としていない。しかし、土地集中により生まれた地主層は近代的土地権の農村でも求めるようになり、今後はそれが広がっていくだろう。

フィリピンの報告は、深刻な台風被害を受けた県での現地調査を元に、災害リスク管理におけるボトムアップアプローチ、物理的災害管理(堤防や河川改修)と制度的災害管理(避難・復旧プロセスや住民意識向上)との統合について述べていた。調査対象となった県では、このようなアプローチの採用に積極的であるが、他の地域では大きく温度差があるとのことだった。特に、物理的災害管理への偏りが、住民コミュニティレベルでの災害対処能力をスポイルするという指摘は興味深かった。

今回はついでに、プノンペン王立大学にある日本法センターも除いてきた。