12月 282013
 

年末テレビの討論バラエティで、元皇族を売りにしている評論家と、男性タレント(だと思う)が、広島原爆慰霊碑に書かれている「過ちは繰り返しませんから」という言葉について、この「言葉の主語は誰か?」とか、それは「次の戦争の時には負けるような過ちは繰り返しませんから」と読むべきだと叫んでた。女性タレントが、原爆慰霊碑の言葉を読んで平和の大切さを考えた、と発言をしたことへの反応らしい。

正月を間近に縁起でもないが、となりに座る三男を見て、もしかしたら、こんな奴らにこの子や(できるかどうかは知らないけど)孫が殺されるのかもしれないな、と考え込んでしまった。

太平洋戦争でも、ルワンダや旧ユーゴの内戦でも、こんな風に無責任は国粋主義や偏狭な民族主義をあおって個人的利益(出演料だったり、個人的な鬱憤解消だったり)を得ようとすることが、新聞やラジオやテレビ、ネットと時々のメディアで持ち上げられて不安定な世論を後押しした訳だから。

ちなみに「言葉の主語は誰か?」という発言はネットからのぱくりだった。「過ちは…」の正確な文章が知りたくて、Googleで検索をかけたら、検索結果の一番最初にこの趣旨をタイトルにしたブログがヒットした。ネット検索トップからのパクリでギャラをもらう評論家って。。。

タレントと評論家は、原爆について日本は被害者だ、国際法違反だ、「過ちは…」なんて言葉が自虐的だという趣旨のことを言っていた。一応、一般人よりモノを知っているという前提でギャラを得ている人間が、戦争を正義と悪、被害者と加害者に分けられるという超単純な思考回路を披露することがまず理解できない。戦争は外交の失敗で、それをなんだかんだ支持してしまった国民抜きには遂行できるわけがない。原爆に代表される非戦闘員に対する無差別航空攻撃は、枢軸国と連合国どちらか一方の悪者がやったことではない。つまり、ピカソの壁画で有名な1937年のドイツによるゲルニカ爆撃、そして1938年の日本による重慶爆撃は非難されたが、第二次大戦後半では、東京爆撃やドレスデン爆撃のように連合国側も普通に行っていた。つまり、無差別空爆は、当初こそ交戦法違反として非難されながら、結局は戦争遂行に不可欠な一般的な戦略となってしまって、今に至っている。その意味では、原爆は、意識的、無意識的に戦争を支持した私たち日本国民の誤りでもあったのは間違いない。国が戦争に動いていくときに、それに異議を唱えるのは容易なことではないだろう。たぶん、私も投獄されるのは嫌だし、家族がいるので失職して経済的損失を被る勇気もないだろうから、流される一員になりそうな気がする。だからこそ、念仏のようなモノだと承知の上でも「過ちを繰り返しません」という言葉を真剣に受け止めるべきだと思うし、子供たちにも同じように教えるべきだと思っている。

あと、20世紀以降、戦死者の圧倒的多数は非戦闘員であるということも。

1月 292013
 

オランダの新聞Volkskrantが速報メールで「夜7時から女王が国民にメッセージ」と伝えてきたので、テレビを付けたら、4月いっぱいで退位して、息子の皇太子ウィレム・アレキサンダーに王位を譲るという話をしていました。

即位式は4月30日だけど、教会での宣誓(場所は教会だがその内容は世俗的と新聞には書いてあった。この辺は実にオランダらしい)がメインのシンプルなものになる予定とのこと。オランダ王室は国民の中の筆頭者というイメージが強く、権威とか神格といったおうぎょうなシンボル操作からは遠い。4月30日は、先代ユリアナ女王の誕生日。女王誕生日は、誰でも自由にフリーマーケットを開ける日として親しまれているのだけど、現女王の誕生日は1月31日と真冬なので、あえて先代女王の誕生日をそのまま女王の日にしているらしい。この辺も、フレキシブルというか、プラグマティックというか。新聞によると、次の国王の誕生日は4月27日なので、そっちに国王の日が移動するだろうとのこと。

うちの息子たちの小学校はウィレム・アレキサンダー皇太子学校というのだが、5月からはウィレム・アレキサンダー国王学校になるのだろうか。。。名前は大げさだけど、ただの公立学校です。

今、オランダ植民地時代の東インド司法制度について研究をまとめているが、司法制度を分類する一つの基準は、裁判が「国王の名において」行われるか否か。つまり、それによって国王の代理人たる植民地政庁の司法か、そうでないかが区分されることになって、適用される法律・裁判官の人事も変わってくる。18世紀~20世紀、国王と議会の政治的関係はかなり変動があって、その変動が東インド司法制度にも微妙に関係してきているのを資料から垣間見ることができる。そんなわけで、今回のニュースを見ていても、19世紀の資料が頭の中をぐるぐる回っていた。

 

 

12月 192012
 

が、届いた。職員全員に配っているらしい。中身はチョコレートと、紅茶、コーヒー。

各部局でクリスマスランチをやったり(うちは、今週末)、クリスマスソングの合唱のお誘いが来たりと、さすがキリスト教圏、気合の入り方が違う。

因みにに、家の近くの工事現場ではクレーンがツリーになっていた。暗くてクレーンはみえないけど。

クリスマスから新年までは大学に入れないので、家で国会議事録でも訳しながら過ごします。

12月 112012
 

できの悪い学生のセリフみたいだけど、オランダのバス会社のコメントです。

先日の日曜日、ライデン駅バスターミナルの電子案内板が全滅していて、どの乗り場にどのバスが来るのかわからない状態になっていた。10分くらい遅れてきたバスを見つけてようやく乗ろうとすると、ICチップカードの読み取り機が使えず、運転手さんの指示で無料で乗車した。他の人も同じように無料で乗っていた。

翌日は、行き先表示のないバスが街中を走り回っている。乗客はいちいち運転手に行き先を聞いてから乗車していた。

なにが起きていたのかと思って調べたら、国内バス路線のかなりの部分が、日曜日からARRIVAという国際企業の運営に変わったらしい(それまで、ライデンは主にConnexxionという会社が運営)。それにあわせてダイヤ改正もやったのだけど、運行管理のコンピュータ・システムとバスの手配がめちゃくちゃなまま運営開始日に突入してしまったらしい。そのため、ICチップカード読み取りソフトをバスの端末にインストールできず、行き先表示のプログラムもできないままだったと言うことです。

ダイヤも乱れっぱなしで、遅れだけでなく、新たにバスが来ることになっていたバス停にバスが来ない、行き先が変わるなど大混乱だったようです。大学の同僚も、一時間以上遅刻してきた。鉄道にも相当な遅れが出ていたみたい(鉄道も日曜日に全国でダイヤ改正)。

この件に関するニュースは:「Leiden buses, Fyra high-speed trains hit by problems

このニュースにあるARRIVA担当者の言い訳が上のタイトルです。「最初の週で、なにもかも始まったばかりだ。すぐにクリスマス休暇が始まるので、1月には絶好調になりますから期待してください。

(-_-)(-_-)(-_-) クリスマス休暇の前に何とかしろよ。。。

ちなみにバスターミナルの動画は→ライデンでバスがカオス(リンク先ページの下の方にあります)。

他の交通機関も結構めちゃくちゃで、日曜日にパリからロッテルダムまでの新幹線タリスを利用したら、パリ-ブリュッセルの別便が運休になったらしく、そっちの乗客がこっちの電車に流れ込んできて大混乱。私の予約した席には、フランス人の夫婦と学生が座り込んでいたので文句を言ったら、「ヴ パフレ フランセ~?」とか言って動きやしない。疲れていたし、フランス人相手に英語でけんかするのも面倒だったので、子供と一緒に彼らの前の床に座り込むことにした。そしたら、さすがに気の毒に思ったのか、30分ほどしてから、車掌さんが勝手に席に座っている学生のチケットを確認して、フランス語で「ここはこの人たちの予約席だし、子供がかわいそうだからどきなさい」みたいのことを言って、席を確保してくれた。そのあと、不愉快な思いをさせてごめんと言うことで、ジュースもプレゼントしてくれた。と言うわけで、車掌さんはいい人でした(たぶん、フランス人ではない)。

オランダでは、交通機関だけでなく、行政機関でも、どう考えても合理的とは思えないシステムが作られています。例えば、入管関係は、申請書の送り先、審査場所、在留カードの作成、在留カードの受け取りが、全部国内の別々の場所で行われていて、それぞれ他の手続のことには関知していないので、ワンストップで問い合わせできる場所がないとか。在留許可申請だけで、2ヶ月以上(たぶんもっと)かかるとか。

こんな国でも、法整備支援・ガバナンス支援の一環として、インドネシアの自治体に「効率的なガバナンス」の支援に行くそうです(笑)。今のインドネシア行政の惨状は、絶対にオランダのせいだと思うんだけど。

 

 

 

 

 

12月 112012
 

先週は、水曜日に初雪、金曜日に初積雪(大雪)、土曜日は最高気温が氷点下と、厳しい冬がやって来ました。こっちの冬は、基本的に雨かミゾレに強風つき。たまに半日くらい晴れると、気温が氷点下に下がるようです。あと、日本と違って、冬は南風が吹くと寒い(アルプスおろし?)

12月5日初雪、研究室から。

12月7日、大雪。それでも気にせず自転車に乗るのがオランダ人。日本人はバスです。バス停で、日本駐在歴19年の元外交官(95歳)にお会いしました。

おまけ、船の通過のために橋が上がって、通勤路封鎖。

11月 212012
 

ここ数日の朝の様子。午前8時ごろ。電線が全て地中化されているからスッキリしている。
今度の日曜日までは晴天がつづいてほしい。

11月19日

20121121-080807.jpg

11月20日

20121121-080832.jpg

11月21日

20121121-080845.jpg

9月 242012
 

日本パスポートがどれだけ優遇されている実感した。。。。

オランダの大学で一年間研究するために必要な入管手続:

日本人の場合:

(1)航空チケットを買う

(2)到着後、現地日本大使館で戸籍謄本に翻訳をつけてもらい、アポスティーユ(翻訳内容の認証)を付けてもらう。

(3)その足で、オランダ外務省に行き認証を受ける。

(4)市役所に行って、住民登録。

(5)移民局に行って、滞在許可申請。

(6) Mission complete (^_^)v

 

インドネシア人の場合:

(1)自分の居住地の市役所に行き、古い出生証明書を返却し、英語とインドネシアで書かれた新しい出生証明を受け取る。

(2)オランダ外務省に登録した翻訳者に出生証明書を翻訳してもらい、職印を受ける。

(3)法務人権省に行って、翻訳付き出生証明書に認証を受ける。

(4)外務省に言って、また翻訳付き出生証明書に認証を受ける。

(5)在ジャカルタ・インドネシア大使館に行ってまたまた翻訳付き出生証明書に認証を受ける。

(6)受入大学に頼んで、MVV(一時滞在許可)の申請書を準備してもらう。

(7)MVV申請書に記入し、上記認証済みの出生証明書コピー、パスポートコピーを送る(スキャンした電子データでOK)。

(8)三週間待つ。….

(9)MVVの許可が下りたら、オランダ大使館に行ってパスポートを提出。

(10)1週間から2週間、パスポートが返却するのを待つ。

(11)チケットを買う。

(12)オランダ到着後、認証済み出生証明書コピー、パスポートをもって、市役所で住民登録。

(13)移民局に行って、一時滞在許可を滞在許可に切り替えるための申請を行う。

(14) Mission complete (-_-)

妻がインドネシア人でMVVが必要となるため、私もこの手続につきあうことになった。ついでに、日本在住にもかかわらず、出生証明書の認証はすべてジャカルタでやらなければならいことが、出発の一週間前に至って明らかになっています。。。。

受入大学のスタッフ(オランダ人)に話したら、「オランダはどうなってるんだ!」って怒っていた。

今更、出発予定を変えられないし、とりあえず嫁さんのビザはあるので、オランダに入国し、オランダからジャカルタの知り合いに出生証明書原本を送り、上記(2)~(5)の手続をやってもらう作戦を立てています。ご迷惑をおかけしてしまう。

インドネシアの非効率な官僚制度は、たぶんオランダのせいだと思う。

妻に愚痴ったら、日本に来るインドネシア人も同じくらい複雑な手続で苦労して、大使館の窓口でぞんざいに扱われて、なんか悪いことをしているからこんな目に遭うんじゃないかなと思うようになる、と言い返された。

だけど、私の知っているオランダ人は、みんな優しくていい人たちだ。