10月 262010
 

Erupsi Gunung Merapi tinggal menunggu waktu dan diperkirakan erupsi itu bersifat eksplosif setelah statusnya naik menjadi Awas sejak Senin (25/10) pukul 06.00 (Kompus, 26 Oktober 2010)

「10月21日月曜日午前6時以降、危険度は「警戒」レベルになり、ムラピ山の噴火は時間の問題、噴火は爆発的なものになると予測されている」(コンパス紙)

この間まで滞在していたジョグジャカルタのシンボルであるムラピ山の活動が活発になってきている。確かに、向こうにいるときも噴煙をたくさん上げていた。夜になると赤い炎もみえる、インドネシア語でそのまま「燃える」merapi山と言うだけある。

ジョグジャカルタ市外に直接の影響は少ないと思うけど、食事をごちそうになった親戚の家の辺りでは川があまり深い谷を形成していないので、土石流などの危険があるかもしれない。

西スマトラでは津波により死者が出ている。