Internship Guidance for International Organization of Migration 国際移民機関(IOM)インターン説明会

2011 年 4 月 12 日 コメントはありません

Venue:
12th, April (Tue), 11:30 – 13:00
3rd Lecture Room, 6F (6階・第3講義室)
In English (日本語での質問も可)

IOMは、国際開発研究科とインターン受入に関する協定を締結し、IOMアジア・太
平洋事務所(バンコク)および周辺国事務所でインターンを行う大学院生を受け
入れています。すでに、4名のGSID大学院生がインターンを行っています(タ
イ、ラオス、カンボジア)。

このたび、アジア・太平洋事務所の濱田祐子氏をお招きして、インターンに関す
る説明会を上記日時で開催します。

関心のある学生は是非、参加して下さい。

IOM comes to an arrangement with GSID about student internship, and
accepts graduate students who work as intern at the IOM Asia and Pacific
Office (Bangkok) and country offices in Southeast Asia. Four students of
GSID have already worked as intern (Thailand, Laos and Cambodia).

We invite Ms. Yuko Hamada, regional programme development officer
(labour migration) of the regional office, and have a guidance about IOM
internship in the above schedule.

We welcome your participation.

詳細・for further inquiry

島田 弦
SHIMADA Yuzuru
e-mail: shimadayuzuru@gsid.nagoya-u.ac.jp
TEL : 052-789-4961

カテゴリー: IOM タグ: ,

在マラウイ大使館・派遣員の仕事

2011 年 3 月 2 日 コメントはありません

皆さん、こんにちは。DICOSを休学中し、2010年3月から在マラウイ日本大使館で派遣員として働いている大嶋由香莉です。在外公館派遣員という仕事について紹介させていただきます。

現在約200の大使館または総領事館で派遣員は働いています。館によりに業務の内容も違いますが、私が現在行っている仕事には、大きく分けて①出張者の便宜供与②大使館の車(館用車)の運営・保守管理③大使の住居(公邸)の保守管理があります。また、各国で大きな会議などが開かれる場合には応援部隊として出張し、日本からの参加者が円滑に会議に参加できるように、様々な支援を行います。

①    出張者の便宜供与
出張者の空港支援(チェック・インや荷物のピックアップ)
航空券の手配・リコンファーム、
出張者の宿舎を手配、レンタカーの予約など
ホテルや航空会社との値段交渉
当国に乗り入れている航空会社の運航状況やフライトスケジュールを確認や連絡

②    館用車の運営・保守管理
館用車運転手への送迎指示、勤務管理、館用車のメンテナンス

③    大使公邸の保守管理
不具合の生じた個所の修理を業者に依頼。備え付け家具などの管理

このように、出張者のお世話や、電話を掛ける、などの仕事が多く、取り立てて注目されることや華やかさはありませんが、実際の大使館業務はそのような仕事の積み重ねがあった上で円滑に運営されて行くため、重要な部分を担えているのではないか、と考えています。

また、マラウイの日本大使館で仕事をしているからこそ学べることがたくさんあります。
ここでは、日本で生活していたら考えなくてもいいこと、想像していなかったようなことが起こります。例えば、
・予約していたフライトが、空港へ行ったら当日にキャンセルになっていた。ホテル予約についても同様。
・脆弱なインフラため、停電・断水は多く、大使館の電話やFAXの回線、インターネット、衛星放送も、常にどれかの具合が悪い。
・修理のため業者を呼んでも、予定の時間に来ることはない。また修理に来ても道具を持って来ない。修理した後も、またすぐに修理が必要となる。
など、あげていくとキリがありません。
そのような様々な問題を乗り越えて、100パーセント完璧な結果にはならなかったとしても、めざしていた結果にどうしたら近づけることができるか、事案ごとに考える必要があり、とても良い勉強をさせて頂いています。

また、現地職員や業者と文化や生活習慣の違いから、彼らの要求や行動が理解できずに苦しんだり、イライラしたりすることはありますが、一つひとつ考え、消化し、学んでいきたいと思っています。

最後に、写真はローカルマーケットの風景と昨年空手の先生を招いてデモンストレーションを行った時のものです。

マラウイの雰囲気や在外公館派遣員の仕事を上手く伝えられているといいのですが。

在外公館派遣員という仕事に興味を持たれた方がいたら、是非応募してみて下さい。

DICOS 大嶋

カテゴリー: embassy タグ: ,

国際移民機関(IOM)ラオス事務所でインターンシップ

2010 年 12 月 22 日 コメントはありません

IOM Internship Report in Lao PDR
DID, M1, EDP&M
Takahiro YAMADA/山田昂弘

皆さん、初めまして!
GSID, DID, EDP&MプログラムM1の山田昂弘です。
私は2010年12月からIOM, Vientiane Lao PDR Officeで働いています。配属された部署はLabor Migration & Research Unitというところで、その名の通り、移民労働関連のプロジェクトに主に携わっています。

現在の主な仕事内容は、
1, 移民労働プロジェクト(Awareness raising on safe migration in Lao PDR funded by ADB)のリサーチプロポーザル作成
2, フィールド調査で得られたデータの統計分析, レポート作成(Project for enhancing Avian and Human Influenza Pandemic preparedness to migrants and mobility affected communitiesなど)
3, Lao PDRや東南アジアで行われているLabor Migration関連の情報収集
4, 全般的なアドミニストレーション
です。

Lao officeの魅力は、
1, 小規模なため、スタッフ間(Project Managerなどのinternational staffと、National staff)の垣根が低く、面と向かったコミュニケーションが活発に行われていること
2, 1次情報を扱えること
だと思います。

個人的に、ミクロレベルで実体経済を把握することができ、同僚から認められればどんどん仕事が振られてくる現在の環境に満足しています。最初の全体ミーティングで、「Taka, what is your potential contribution to our office?」と聞かれた時は少し度肝を抜かれましたが、プロジェクト単位で動いている国際機関では、internに対しても「育てる」、「将来的な成長性」よりも、「現在の能力」を重視しているのだと実感させられました。

最後に、UNIFEMのチャリティーランに同僚と参加した時の写真と、モン族の伝統的な出生の儀式の写真を載せます。
カンボジアオフィスとバンコクオフィスで新しいインターンの機会も設けられたみたいですし、奮って応募してみて下さい!
それでは。

カテゴリー: IOM タグ:

Internship opportunity for IOM (International Organization for Migration)

2010 年 12 月 17 日 コメントはありません

There is an information on internship oppotunity at Cambodia and Bangkok:

————————————————————–

Hello, this is Ayumi from IOM Bangkok.

Since we already have 2 interns from GSID working at IOM, it gives us great pleasure to inform you that we would like to accept more students from GSID to work at IOM.

Ms. Hamada Yuko (IOM officer) has kindly provided information regarding more internship opportunities at IOM for GSID students:

There are 2 openings which are:

1. IOM Cambodia Office (Human Trafficking unit and other related migration projects)—intern

Content of work: project development on Human Trafficking

Period; 3 months from July to September (1 person)

3 months from October to December (1 person)

one person could work through July to December since extension is possible

2. IOM Bangkok Office (under Sjef Broekhaar, Document Specialist of Resettlement Programmes)—intern

Content of work: assisting Sjef on the World conference on border management which will be held December 2011.

Period: 3 months from July to September (1 person)

3 months from October to December (1 person)

one person could work through July to December since extension is possible

It would be great if you could inform GSID students with this information.

We hope that students will be willing to experience working at IOM.

Kind regards,

Ayumi

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

Ayumi Yaegashi,

Regional Labour Migration and Research,

International Organization for Migration (IOM),

Regional Office, Bangkok.

email: ayaegashi@iom.int

office phone: +66 (0) 2 343 9300 ext 9707

カテゴリー: IOM タグ:

ADB internship 2011

2010 年 11 月 8 日 コメントはありません

ADB has posted the first batch of internship opportunities for 2011 at
www.adb.org/internship. As the application process is now online, They will
accept candidate applications directly through the ADB Recruitment Center
(ARC).
The first batch of opportunities will be posted for the whole month of
November. The second batch posting will be in January 2011 and the third
batch in March 2011.
Please feel free to contact Nishikawa(DID) should you have any queries.
Academic/Student Affairs Committee (Yoshiaki Nishikawa)

カテゴリー: ADB タグ:

New intern in the IOM from GSID

2010 年 10 月 11 日 コメントはありません

国際開発専攻の八重樫歩さんがバンコク事務所のインターンとして赴任しました。6ヶ月の予定です。

Miss Ayumi Yaegashi (DID) starts her internship in the IOM Bangkok office. She will be in Bangkok for 6 months.

カテゴリー: IOM タグ: ,

国際移民機構(IOM)インターン・ニュース2号

2010 年 10 月 11 日 コメントはありません

皆さん、こんにちは。

先月の922日から24日にかけて、バンコクの国際連合機関で

“Asia-Pacific Regional Preparatory Meeting to the Global Forum on Migration and Development (GFMD)” という会議が開催されました。

この会議は、国際移住機関(IOM)や国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)を初めとする10国際機関によって主催されたものです。そして、アジア・オセアニア諸国の31国の代表者と、NGO団体が集まり、移民と発展という議題について話し合いを行いました。当会議で話し合われた内容は、今年11月にメキシコで行われるGlobal Forum on Migration and Development (http://www.gfmd.org/) Bangkok Statementとして提出されます。

会議の詳しい内容については以下のウェブサイトを参照してください。

http://www.iom.int/jahia/Jahia/events/eventAS/cache/offonce?entryId=28163

私たちインターンもこの三日間はIOMではなく国連機関通勤をして会議に参加しました。通常とは少し違う雰囲気や刺激的な議論を垣間見ることができて、印象的な三日間となりました。

下に当時の様子を載せますので参考にしてみてください。

今回の会議場はこのような形でした。

様々な国際機関の方々が、この会議を成功に導こうと努力しています。

私たち、インターン(左からイタリア人、アメリカ人、日本人)も色々な事に携わることができました。

大体雰囲気は分かっていただけたでしょうか?

さて、早いもので私のインターン生活も今月が最後です。

しかし、今後もIOMニュースは更新されていきますのでチェックしていただけると嬉しいです。

そして、興味を持たれた方は是非挑戦してみてくださいね。

それではまた。

DICOS M2 森 弥生

カテゴリー: IOM タグ:

国際移民機構(IOM)で、パキスタン洪水被災救援のAPO(Assistant Program Officer)を募集

2010 年 8 月 31 日 コメントはありません
IOMバンコク事務所の濱田さんより、下記のような日本人募集情報がありました。
これは、GSID-IOMとのインターン派遣合意とは別枠の募集です。

関心のある方は、島田(shimadayuzru@gsid.nagoya-u.ac.jp)までご連絡く
ださい。

----以下、引用-------------------

パキスタン緊急救援です。

2,3名日本人のAPO(Associate Programme Officer)探しています。
任務は自衛隊・IOMのヘリコプター緊急救援をするための調整係です。添
付は5年前に行った地震救援活動の説明図と報告書です。これは、インター
ンとは別で、旅費、保険、災害手当て等のアローワンス計12万円くらいがつ
きます。

イスラマバードだけではなく、洪水被害があった被災地での活動が求められ
ます。活動期間は自衛隊のオペレーションの期間2ヶ月(緊急応募)です。
もちろん危険地域なので、少々経験があり、本当に緊急救援・平和構築での
活動の経験がしたいという人に声をかけてみてください。

このポジションはすぐ埋まる可能性があるので、行きたい人はすぐ連絡くだ
さい。

添付資料 (PDFファイル):

iom

saquakenewsjp_02

saquakenewsjp_03

------以上、引用-----------------

カテゴリー: IOM タグ:

国際移民機構(IOM)でのインターン

2010 年 8 月 25 日 コメントはありません

皆さん、こんにちは。
GSID, DICOS, M2の森弥生です。
IOMのインターンシップ受け入れに際して、現在インターン中の私からIOMの様子 を少しお伝えしたいと思います!

私は今、IOMのSoutheast Regional Officeでインターンシップをしています。

当事務所は、文字通り、東南アジア地域事務所ですので、タイ、カンボジア、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、ベトナム、ラオスの七国の移民問題を担当しています。

実際の仕事は、これらの七国のみならず南アジア諸国などの移民問題をも行います。

今私が行っているのは、

1.11月に行われるマレーシア会議のtalking pointのまとめ、

2.東南アジア地域におけるドナー探し、ドナーへの接触、

3.東南アジアで行われているLabor Migrationプロジェクトの情報集め、

4.9月に行われるアジア・太平洋地域における移民に関する会議の準備、

(正式にはRegional Thematic Working Group on International Migration including Human Trafficking Asia-Pacific Regional Preparatory Meeting to the Global Forum on Migration and Development という名の会議です。)

5.南アジアにおける移民関連のレポート作り

などなどです。

初めて取り組む事が多いですが、色々な事に挑戦することが出来ます!

4番目の会議に関しては、国連機関と共同で開催されるため、よく国連事務所を訪れ会議を行っています。
さて、次はIOMオフィスの紹介です。

ここは、本当に綺麗で快適です。

(空調が効きすぎているのでカーディガンなどで防寒は必要ですが。)

IOMはご存知のように国際機関ですので、職員の方が様々な国からいらしています。
私は、今GSIDの先輩である濱田さんのもとで、オーストラリアから来たダンと一緒に働いています。

インターン生も、タイ人はもちろん、韓国、イタリア、フランスなど、様々で国際色豊かです。(ちなみに、今度私たちの部に来るインターンはイタリア人です。)


いつもこんな感じでミーティングをしています。


それでは、また。 興味のある方は是非、応募してみてくださいね!

カテゴリー: IOM タグ: ,

GSIDインターンブログについて

2010 年 8 月 25 日 コメントはありません

現在、多くのGSIDに所属する大学院生が、国内外の援助機関などでインターンシップを行っています(例えば、JICA、UNESCO、IOMなど)。このブログでは、それらのインターンからのメッセージや、インターンに関する情報を掲載していきます。またインターンに限らず、GSIDに在籍して、在外公館の専門調査員や派遣員、青年海外協力隊に行っている学生などからの情報も掲載していきたいとかんがえています。

カテゴリー: general タグ: