Archive for the ‘program’ Category

Lexical Complexity Analyzer

木曜日, 6月 18th, 2015

http://www.personal.psu.edu/xxl13/downloads/lca.html

こちらも。

25 different measures of lexical density, variation and sophistication

ということで、25の指標。

事前に、TreeTaggerでタグづけしてね、とのこと。

L2 Syntactic Complexity Analyzer

木曜日, 6月 18th, 2015

by Xiaofei Lu
http://www.personal.psu.edu/xxl13/downloads/l2sca.html

L2 Syntactic Complexity Analyzer is designed to automate syntactic complexity analysis of written English language samples produced by advanced learners of English using fourteen different measures proposed in the second language development literature.

ということで、14の指標。

9つの言語的特徴を調べて
words (W)
sentences (S)
verb phrases (VP)
clauses (C)
T-units (T)
dependent clauses (DC)
complex T-units (CT)
coordinate phrases (CP)
complex nominals (CN)

14の指標を出力
mean length of sentence (MLS)
mean length of T-unit (MLT)
mean length of clause (MLC)
clauses per sentence (C/S)
verb phrases per T-unit (VP/T)
clauses per T-unit (C/T)
dependent clauses per clause (DC/C)
dependent clauses per T-unit (DC/T)
T-units per sentence (T/S)
complex T-unit ratio (CT/T)
coordinate phrases per T-unit (CP/T)
coordinate phrases per clause (CP/C)
complex nominals per T-unit (CN/T)
complex nominals per clause (CN/C)

TriSP 3次元でデータの散布図をリアルタイムでグルグルできる。

土曜日, 5月 30th, 2015

http://www014.upp.so-net.ne.jp/acremaker/software.html
いや、これはすごい。
HSPでできている。

NetLogo

金曜日, 3月 13th, 2015

http://www2.gssm.otsuka.tsukuba.ac.jp/staff/kurahasi/NetLogo-v5-ja/index.html

http://ccl.northwestern.edu/netlogo/

LOGOから派生しているのだそうだ。
 
うーん、なるほど、これを使ってやってみたら面白いかも。ふふふ。

指示を英語にしたKLogSで日本語のわからない人にも使ってもらえるかな

火曜日, 10月 28th, 2014

http://sugiura-ken.org/wiki/wiki.cgi/exp?page=KLogS

e-KLogS

 

MATTR (Moving-Average Type-Token Ratio)

土曜日, 5月 31st, 2014

http://www.ai.uga.edu/caspr/
なるほど。

scratch

月曜日, 1月 6th, 2014

http://scratch.mit.edu/

 

 

Rのuniqueはかしこい

金曜日, 12月 6th, 2013

事前にソートしなくてよい。

Note that unlike the Unix command uniq this omits duplicated and not just repeated elements/rows. That is, an element is omitted if it is equal to any previous element and not just if it is equal the immediately previous one.

豊田先生の分散分析入門 Rによるスクリプト

金曜日, 11月 22nd, 2013

http://www.waseda.jp/sem-toyoda-lab/data.html

小島さん、語彙の豊かさ指標Sの分析ツールを公開

月曜日, 9月 30th, 2013

http://kojima-vlab.org/

これで、あなたの語彙の豊かさも一目瞭然!

英語版 ↓

http://kojima-vlab.org/lexical_richness/wiki/index.php?S

ACADEMIC VOCABULARY: The AWL Highlighter

日曜日, 9月 22nd, 2013

http://www.nottingham.ac.uk/alzsh3/acvocab/awlhighlighter.htm

Herlock

日曜日, 9月 8th, 2013

https://herlock.do/

どんなもんかなぁ。

日付をボタン一つでクリップボードに入れてCtrl+vでペースト

月曜日, 8月 19th, 2013

という単純なこと。
超整理法式発想ではよく使うのだがこれをいちいち日付を思い出して、キーボードで打っているのは、かったるくなってきた。
が、意外とこういう単純なプログラムがない。

ので、作った。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

; copyleft 2013-08-19 sugiura @ nagoya-u.jp
#include "hspext.as"

width 60,40

notesel date

date = "" + gettime(0) + "-" + strf("%02d" , gettime(1)) + "-" + strf("%02d" , gettime(3))

color 255,128,0
boxf 0,0,100,20

color 0,0,0
mes date

clipset date

pos 20,20
button goto "copy", *owari
stop

*owari
wait 30

end
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
最初に書いてあるように、hspext.dll という拡張ライブラリーが必要。
これもHSPと一緒に無料で配布されている。
で、コンパイルしたプログラムと同じディレクトリーに入れておいて、
あとは、そのプログラムのショートカットだけをデスクトップに置いておくだけ。
日付が必要になったら、ダブルクリックで、日付がクリップボードに入る。
Enjoy!

Tgrep & TGrep2

金曜日, 8月 2nd, 2013

http://www.stanford.edu/dept/linguistics/corpora/cas-tut-tgrep.html

Tgrep and the improved new version TGrep2 are Unix-based tools that allow you to search syntactically & POS-annotated corpora on AFS.

Tregex

金曜日, 8月 2nd, 2013

http://nlp.stanford.edu/software/tregex.shtml

Tregex is a utility for matching patterns in trees, based on tree relationships and regular expression matches on nodes (the name is short for “tree regular expressions”).

画面のリフレッシュレートと反応時間の測定

火曜日, 7月 23rd, 2013

http://blog.livedoor.jp/shiwasure/archives/52910559.html

なるほどなるほど。
それで、16ミリ秒あたりで山ができていたんだ。

PuTTYjp

月曜日, 6月 24th, 2013

http://hp.vector.co.jp/authors/VA024651/PuTTYkj.html

これがいいわ。

Tera Term で、つながるところとつながらないところとあって、原因がわからない。
でも、これだとつながらないところもつながる。
だから、TeraTermの設定か仕様の問題だと思うけれど、、、、

効果量の計算 (Effect Size): Cohen’s d

土曜日, 6月 22nd, 2013

http://oscar.gsid.nagoya-u.ac.jp/program/perl/effectsize.html

メモを兼ねて久しぶりにCGIを作ってみる。

R、R言語、R環境・・・・・・

水曜日, 6月 12th, 2013

http://mjin.doshisha.ac.jp/R/index.html

Power Analysis in R

木曜日, 6月 6th, 2013

http://www.statmethods.net/stats/power.html