Archive for the ‘bib’ Category

The idiom principle and the open choice principle

木曜日, 11月 19th, 2015

BRITT ERMAN / BEATRICE WARREN
Text – Interdisciplinary Journal for the Study of Discourse. Volume 20, Issue 1, Pages 29–62
http://www.degruyter.com/view/j/text.1.2000.20.issue-1/text.1.2000.20.1.29/text.1.2000.20.1.29.xml

手作業で分析、prefabはコーパス中の52ないし59%とのこと。

How to Do Linguistics With R

金曜日, 10月 9th, 2015

http://www.amazon.co.jp/gp/product/9027212252
How to Do Things with Words にかけてるわけね。

Linguistic Approaches to Bilingualism

月曜日, 10月 5th, 2015

https://benjamins.com/#catalog/journals/lab/main
最新号5:4は、Colinさんが書いていて「The role of language processing in language acquisition」(“less is eventually more”)他の人がコメントするという形。
https://benjamins.com/#catalog/journals/lab.5.4.01phi/details

Cookbook for R

月曜日, 10月 5th, 2015

http://www.cookbook-r.com/

グラフィック関連が充実。
 
R Cookbookとは違うので注意。

Individual differences and usage-based grammar

木曜日, 10月 1st, 2015

Author: Barlow, Michael
Source: International Journal of Corpus Linguistics, Volume 18, Number 4, 2013, pp. 443-478(36)

母語話者の個人差
こんなに違っているけど、こうした違いはどう説明するのか?
 
2011年にアラバマでバーローさんはこの話をしていたけれど、こうしてきちんと論文にまとめて立派です。

Part of Speech Tagging Demo

木曜日, 9月 24th, 2015

http://cogcomp.cs.illinois.edu/page/demo_view/POS
Citation

D. Roth and D. Zelenko, Part of Speech Tagging Using a Network of Linear Separators Coling-Acl, The 17th International Conference on Computational Linguistics (1998) pp.1136–1142

『統計数理』

月曜日, 8月 31st, 2015

http://www.ism.ac.jp/editsec/toukei/index.html

『統計数理』第64巻2号 (2016年3月発刊) 特集号「統計的言語研究の現在」

脳科学辞典

土曜日, 7月 11th, 2015

http://bsd.neuroinf.jp/

Applicability of processability theory to Japanese adolescent EFL learners

水曜日, 7月 1st, 2015

Applicability of processability theory to Japanese adolescent EFL learners: A case study of early L2 syntactic and morphological development
Akiko Eguchi, Masatoshi Sugiura
System
Volume 52, August 2015, Pages 115–126
doi:10.1016/j.system.2015.05.005

To help you access and share your article, we are providing you with the following personal article link, which will provide free access to your article, and is valid for 50 days, until August 9, 2015

http://authors.elsevier.com/a/1RE7B_,oOjn9is

Please use this link to download a personal copy of your article for your own archive. You are also welcome to email the link to your co-authors and colleagues, or post the link on your own homepage, Facebook, Google+, Twitter or other social media profile, to tell your network about your new publication. Anyone who clicks on the link until August 9, 2015, will be taken to the final version of your article on ScienceDirect for free. No sign up or registration is needed – just click and read!

つまり、8月9日までは、だれでもフリーアクセスで無料でダウンロードできます。

Annual Review of Linguistics

火曜日, 3月 17th, 2015

http://www.annualreviews.org/toc/linguistics/1/1
次号が出るまでは、complimentary つまりタダってこと。

名古屋大学蔵書検索が新しくなった。

月曜日, 3月 16th, 2015

http://nagoya-opac.nul.nagoya-u.ac.jp/?lang=japanese
ずいぶんすっきりした。

Second Language Acquisition and Task-Based Language Teaching

月曜日, 1月 5th, 2015

Mike Long
ISBN: 978-1-118-88221-4
456 pages
July 2014, Wiley-Blackwell
 
Kindle版を買って、読み出したら、最初の方、これまでの経緯とか書いてあって、手厳しいMike があれこれだれかれメタメタに書いていてついつい面白くて読んでいたら、読み終わるのに後13時間45分とか表示されて、こりゃ読み終わらんわ、と思ったら、紙にしたら456ページだとのこと。しかし、Kindle版は紙でいうと何ページなのかが表示されないので困る。
 
出版年が、2014と2015とあって混乱。紙媒体のを見たら2015とあった。

1982年にこんな研究をしていたとは、恐れ入りました。

木曜日, 11月 6th, 2014

Rumelhart, D. E. and Norman, D. A. (1982), Simulating a Skilled Typist: A Study of Skilled Cognitive-Motor Performance. Cognitive Science, 6: 1–36. doi: 10.1207/s15516709cog0601_1

When It Hurts (and Helps) to Try: The Role of Effort in Language Learning

土曜日, 8月 2nd, 2014

http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0101806#pone-0101806-g003

Finn AS, Lee T, Kraus A, Hudson Kam CL (2014) When It Hurts (and Helps) to Try: The Role of Effort in Language Learning. PLoS ONE 9(7): e101806. doi:10.1371/journal.pone.0101806

指示に従って「努力」して学ぶのと、ただ聞き流すのとの比較。
人工言語。10分。
大学生。
努力すると「語(母音と子音の組合せパタン)」は学べるが、
聞き流した方が「範疇」はよく学べる。
努力すると「範疇」を学習しにくくなるという結論。
 
この実験で「語」の並ぶ順序の規則性をもとに「範疇」を仮定し、それを「文法」とみなしているが、そうみなしてよいかなぁ。

「phonological cue」と言っている音のパタンはリラックスして聞き流した方が「耳に残る」ってことじゃないかなぁ。
「語」と言っても、「意味」がないのだから、それで「語」を学んだと言えるかなぁ。
10分聞いただけで「言語」が学べるかなぁ。

ゼミなどで文献レビューをする人は、、、

金曜日, 7月 25th, 2014

この本を読んで、どういうふうに文献を読めばよいかを学んでください。

『医療専門職のための研究論文の読み方―批判的吟味がわかるポケットガイド』
イアン・K. クロンビー (著), 津富 宏 (翻訳)
金剛出版 (2007/9/25)
ISBN-10: 4772409882
http://www.amazon.co.jp//dp/4772409882/

Faster Sound Stream Segmentation in Musicians than in Nonmusicians

火曜日, 7月 22nd, 2014

http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0101340

音楽家の方が「語」を上手に早く認識できるらしい。
使われた刺激は人工言語の「音声」。
なので、これは、「音」ってことだから、ってことでしょうね。
逆に言えば、音声言語については、音楽家の方が学習しやすいってことかな。
しかし、だからと言って、未知の言語を学ぶために音楽のトレーニングをしておくってのも本末転倒。
音楽は音楽として学ぶべきでしょうね。副次的に、こういう効果があるとして。

Language Learning & Technology

土曜日, 5月 31st, 2014

http://llt.msu.edu/
Volume 18 Number 2 (June 2014) Game-informed L2 Teaching and Learning
ゲームか、、、

The Purdue OWL: APA Style

月曜日, 5月 26th, 2014

https://owl.english.purdue.edu/owl/section/2/10/

 

readcube

金曜日, 5月 16th, 2014

http://www.readcube.com/

文献は、Dropboxに

各PCにこれをインストールして、各PCで監視フォルダーをDropboxに指定する。

 

具体的には、左下の「歯車」で、

preferenceのGeneralで、Asian Language Packをインストールする。

Download Folderを、Dropboxにする。

右上の↓で、Import PDF to Libraryで、Add Folderで、Dropboxを指定する。

 

外国語運用能力はいかに熟達化するか

月曜日, 5月 12th, 2014

言語情報処理の自動化プロセスを探る
http://www.amazon.co.jp/dp/4775402021/

編著・横川 博一, 定藤 規弘, 吉田 晴世
松柏社 (2014/4/25)
ISBN-10: 4775402021