紹介」カテゴリーアーカイブ

石松紀子 (2015) 『イギリスにみる美術の現在 ── 抵抗から開かれたモダニズムへ』 花書院

大学院の仲間がまたひとり本を出版しました。最近、出版ラッシュですごく嬉しいかぎりです。

タイトルには出ていないのですが、イギリスにおける「ブラック・アート」に関する本です。周縁化を余儀なくされた人びとが、その状況を打開すべく展開してきたアート活動。こんな閉塞感のある時代だからこそ、なおさら大事な想像力が詰まっているように感じます。私はイギリスのパンクとジャマイカのレゲエが融合した音楽が好きなので、そういう関心からもとても楽しめました。

それにしても、フィリピンのスラムだったり、沖縄のハンセン病療養所だったり、アイルランドの壁画だったり、イギリスの「ブラック・アート」だったり、ト ピックはバラバラなのですが、九大比較社会文化出身者の本は、どれも共通して六本松のアナーキーな雰囲気が濃密に漂っている。

お金もなかったし未来も見えなかったけど、本読んで酒吞んで街を徘徊して議論してケンカして、そんな自由な時間だけはひたすらあった。逆に言えば、それしかなかった六本松は、今や存在を許されないようなガラパゴス的な恵まれた研究環境だったのだと思います。

 
イギリスにみる美術の現在 抵抗から開かれたモダニズムへ

 石松紀子 (2015) 『イギリスにみる美術の現在 ── 抵抗から開かれたモダニズムへ』 花書院

序章
1 帝国主義と美術
2 イギリスの非欧米系美術
第1章 「ブラック」の社会的背景
1 イギリスにおける移民
2 結束する「ブラック」
3 「ブラック・アート」の契機−Blkアート・グループ
4 「ブラック・アート」の展覧会−1980年代初期から中期まで
第2章 非欧米系美術にみるコンフリクト
1 「2つの世界から」展(1986年)
2 「エッセンシャル・ブラック・アート」展(1988年)
3 「ブラック・アート」に関する意見の相違
4 非欧米系美術にみるコンフリクト−2つの展覧会より
第3章 別の物語としてのモダニズム
1 「別の物語」展(1989年)
2 欧米における非欧米圏の美術受容−「20世紀美術におけるプリミティヴィズム」展(1984年)と「大地の魔術師」展(1989年)
3 「別の物語」展の出品作品
4 別の物語としての「モダニズム」
第4章 非欧米系美術に対する文化政策
1 イギリスが無視する芸術
2 大ロンドン市の文化政策(1981−86年)
3 英国アーツ・カウンシルの文化政策(1986−89年)
4 「エスニック・アート」から「文化的多様性」へ
5 inIVA(国際美術機関)と「文化的多様性」の展開
第5章 「主流的」な美術傾向
1 1980年代イギリスの「主流的」な美術傾向
2 1980年代の国際的な美術傾向−「ステイト・オブ・アート」展(1987年)
3 1990年代の「イギリス美術」
4 現代美術のナショナル・ブランド化
第6章 文化的差異の表象
1 ブラック・アートにみる「表象の重荷」
2 多文化社会における非欧米系美術
3 イギリス美術と文化的多様性に関わる美術
4 文化的差異の表象−福岡市美術館の展覧会より
第7章 抵抗から開かれたモダニズムへ
1 「ブラック・アート」の意義と衰退
2 閉じられたモダニズム−非欧米系美術の周縁性
3 ポストモダニズムからグローバル化時代へ
4 開かれたモダニズムへ−「未完の物語」
結びにかえて

福井令恵(2015)『紛争の記憶と生きる──北アイルランドの壁画とコミュニティの変容』青弓社.

とても嬉しいことに、大学院時代の仲間がまたひとり博士論文を出版しました。「異なる」とされる人びとの間で憎悪ばかりが蓄積していく今日この頃、本書を通じて北アイルランドの経験から学べることはきっと多いはずです。

——————————————————

http://www.hanmoto.com/bd/img/image.php/978-4-7872-3387-5.jpg?width=500&image=/bd/img/7872/978-4-7872-3387-5.jpg

内容紹介
北アイルランドでは、1969年に大規模な衝突が発生して以降武力を用いた抗争が続いたが、多くの困難を乗り越えて98年のベルファスト合意で〈和平〉が 成立した。しかし、宗教観や国家観、政治的な志向などが折り重なって住民同士が対立した事実は、人々の記憶に根深く残っている。

「話してもわかりあえない」人同士が同じ場所で暮らすとき、感情をどう調整し、コミュニティをどうやって作り上げるのか。北アイルランドの首都ベルファス トの住居や商店の壁に住民が描く絵・イラスト=壁画に着目して、ときに過激に、ときに真摯に、ときにユーモラスに表現している壁画の内容を、参与観察も交 えて丁寧に分析する。

そして、対立関係にあった2つの住民集団が抱える集合的意識や記憶が壁画を介してどう表現されるのかを明らかにして、壁画がコミュニティの記憶とつながりを支えるメディアとして機能していることを析出するフィールドワークの労作。

著者プロフィール
福井 令恵
愛知県生まれ。九州大学研究戦略企画室学術研究員。専攻は社会学、北アイルランド地域研究、文化研究。論文に「コミュニティ・メディア としての壁画――北アイルランド西ベルファストの「想像の共同体」」(「エール」第27号)、「分断社会の二つの歴史と共苦――北アイルランドのリパブリ カン・コミュニティとロイヤリスト・コミュニティを事例として」(「年報カルチュラル・スタディーズ」 vol.2)など。

目次
はじめに

第1章 北アイルランド紛争後社会と壁画――本書の目的と意義
1 他者との〈共生〉と北アイルランド紛争後社会
2 なぜ壁画なのか
3 集合的記憶への接近
4 外部者である調査者(私)の調査地への接近

第2章 北アイルランドという場――フィールドの政治・社会背景
1 北アイルランドに関する前提――用語の問題について
2 北アイルランド紛争・和平へのプロセス
3 ベルファストの空間的概況

第3章 北アイルランドの壁画の歴史と壁画研究――先行研究から明らかにされたこと
1 壁画の歴史
2 壁画研究の歴史
3 本書の方法

第4章 壁画の表象における顕在と不在――何を記憶し、訴えるのか
1 ベルファストの壁画数と題材
2 カテゴリーとその特徴

第5章 壁画のイメージの流通――イメージは、コミュニティでどのように受け継がれ、共有されていくのか
1 壁画の題材はどう表現されるのか
2 イメージの流通と共有
3 イメージの素材(引用元)/ 題材と場所

第6章 観光と社会統合とローカル・コミュニティ
1 北アイルランド・ベルファスト市の観光(限られた空間での、痕跡の強調という方針)
2 都市空間のイメージ――都市の無徴化を目指す政策
3 ローカル・コミュニティの実践――壁画には、どのような変化があったのか/なかったのか

第7章 二つのコミュニティ――和解プロジェクトに見る可能性と限界
1 和解の壁画――『ゲルニカ』プロジェクト
2 「文化」と政治――対立の記憶の表象と題材の困難

第8章 壁画と紛争経験の表象
1 絵という形態が作り出す共同性
2 文化による対話と対立
3 「別の対話モデル」――言い合う、ということがもたらすもの