未分類」カテゴリーアーカイブ

「ダバオッチ」での連載

ダバオでビジネスを展開する20年来の友人が、ダバオッチというサイトを運営しています。ロックダウン中で身動きできないこともあり、隔週コラム連載の依頼を引き受けてみました。論文よりも幅広いテーマを取り上げて、 ニュースよりも一歩踏み込んで、 フィリピンの時事問題を解説していきたいと思います。ご関心のある方は、次のリンクからご笑覧ください。

『ダバオッチ』日下渉 連載

ドゥテルテの暴力を支える「善き市民」 ―フィリピン西レイテにおける災害・新自由主義・麻薬戦争

『アジア研究』の「特集:アジアで民主主義は後退しているか?」で、「ドゥテルテの暴力を支える「善き市民」 ―フィリピン西レイテにおける災害・新自由主義・麻薬戦争」という論文を書かせてもらいました。

大学生の時に参加したワークキャンプで惚れ込んで以来、毎年のように通ってきたレイテ島の農村で生じた数奇な出来事について書いています。

2013年11月には、台風ヨランダの強風で山間部ではココナツが片っ端からなぎ倒され、人々の生活基盤が破壊されました。新しくココナツの苗を植えても実がなるまで7,8年かかるので、人々はそれだけの期間、収入を失ってしまったのです。高潮で8,000人以上が亡くなった沿岸部の被害が広く報道されましたが、山間部の困窮も甚大で、多くの若者が学校をやめて働きに出ていきました。

翌月には清水展先生と現地に入って被害状況を調査、そのまま新年を迎えました。翌年2月にはFIWCの学生たちとキャッシュ・フォー・ワークの方式で生活インフラを再建するワークキャンプを行ったことを思い出します。

台風から3年後、2016年6月には、麻薬王の父がアルブエラ町の町長に当選する一方、私の旧友にも殺されたり、死の脅迫をされる人たちが出ました。11月には、逮捕された町長が、獄中で警察に殺害されました。この事件は国内外で大きく報じられ、まさかこんな田舎町が世界の着目を浴びる日が来るだなんて信じられませんでした。

旧友たちが協力してくれたおかげで、かなり深い情報を集めることができましたが、なかなか気の滅入る、また時に危険な調査でもありました。 ただ、調査を進めるうちに、きわめて極端な事例であると同時に、現在進行するフィリピン政治と社会の変化を集約的に表す重要な事例だと考えるようになりました。

この論文が形になるまで、レイテに通い続けて20年、目的も分からぬまま台風被害の調査を始めてから7年も経ってしまいました。こんなに無駄に時間をかけた研究は、これからはもうできないかもしれないと思います。ご笑覧いただければ幸いです。

レイテの田舎町から、民主主義、新自由主義、暴力、ココナツ農業、災害、マイクロファイナンス、NGOなど、多様なテーマの関係について論じています。無料アクセスできますので、ご笑覧いただければ幸いです。

紙幅の関係でかなり情報を削ってしまったので、関心のある方は、より民族誌的な記述を充実させた英語版もご参照ください。
Ethnographies of Development and Globalization in the Philippines: Emergent Socialities and the Governing of Precarity, edited by Koki Seki, Routledge, 2020 に収められています。

Disaster, Discipline, Drugs, and Duterte Emergence of New Moral Subjectivities in Post-Yolanda Leyte


My new paper was published in Ethnographies of Development and Globalization in the Philippines: Emergent Socialities and the Governing of Precarity, edited by Koki Seki, Routledge, 2020.

My chapter is a fruit of my 20 years long relationship with Western Leyte, where I fell in love with the Philippines and determined my way of life. The locality was devastated by typhoon Yolanda (Haian) and penetration of illegal drugs accompanied by violence. I had never dreamed such tragedies would happen to the peaceful place with lovely people. This was a dangerous and depressing research, which must be impossible to conduct without the locals’ kind support despite their sense of insecurity.

——————————-
Disaster, Discipline, Drugs, and Duterte
Emergence of New Moral Subjectivities in Post-Yolanda Leyte
Wataru Kusaka

This chapter explains why majority of Filipinos, especially the poor, have come to support or at least tolerate President Duterte’s “war on drugs.” I answer this question by arguing that people’s punitive attitude against “evil others” is attributable not only to Duterte’ penal populism but also to the neoliberal governmentality which has increasingly encompassed Filipinos along with the shift of dominant employment from feudal agriculture to the service sector. The rural poor in Leyte have experienced the process in a drastic way within an extraordinary short period of time since typhoon Yolanda (Haiyan) devastated coconut agriculture in 2013. Those who lost their livelihoods became dependent on programs of NGOs, the state, and private sector which encourage beneficiaries to become “good citizens” in exchange for resources. While many have struggled for post-disaster recovery as disciplined “good citizens,” others found alternative sources of income in illegal drug trafficking run by a drug lord family. Amid the atmosphere of violence and insecurity, the “good citizens,” who remain in poverty despite their efforts at self-disciplining, have built up resentment not only against the drug lords, pushers and users, but also against the inefficient state unable to ensure even basic security of life. This has led to their staunch support for Duterte.

The Arts of Everyday Peacebuilding: Cohabitation, Conversion, and Intermarriage of Muslims and Christians in the Southern Philippines

New paper coauthored with Asuna Yoshizawa was published in the Southeast Asian Studies 9(1).

It was a challenging but fruitful experience to work on the two new formidably complicated and deep topics for me: Southern Philippines and religion. Without Asuna’s in-depth and evocative ethnographic research in Iligan City which inspired, motivated and encouraged me, I would have never dared to work on the topics. It was a really good learning for me.

————————————–
Yoshizawa, Asuna; and Wataru Kusaka. 2020. The Arts of Everyday Peacebuilding: Cohabitation, Conversion, and Intermarriage of Muslims and Christians in the Southern Philippines, Southeast Asian Studies 9(1): 67-97.

While armed conflict has occurred since around 1970 in the Southern Philippines, ordinary people of different faiths have cohabited as neighbors, lovers, and families. Why are ordinary Muslims and Christians able to create and maintain everyday peace although they have suffered from the conflicts and the state’s initiatives for peace have not yet been realized? After noting limitations of peacebuilding efforts by the state and nongovernment organizations, we analyze the arts of everyday peacebuilding practiced by ordinary people based on ethnographic research in Iligan City. First, Muslims and Christians have engaged in mutual assistance for everyday survival in the city where they live as diaspora or transients, who are relatively autonomous from their clan networks. Second, Muslim converts and many Christians regard those who practice other religions as companions who share the same “paths to happiness.” Third, when a multireligious family is pressed to choose one religion for its children’s faith or its ceremonial style, it avoids the rupture of family relationships by “implementing non-decision” to make the two religions obscurely coexist. Finally, even when Christian women married to Muslim men face polygamy without consent, they do not attribute the unfaithful behavior of their husbands to Islam but instead often blame the patriarchal culture of their ethnic group. Such a practice of “crossing divides” prevents religion from becoming an absolute point of conflict. Everyday peacebuilding of the ordinary can be a foundation of the state’s official peacebuilding, although there exists a tension between them.


第24回フィリピン研究会全国フォーラム(6/22, 23)のご案内

第24回フィリピン研究会全国フォーラムが、6月22日23日に名古屋大学で開催されます。

プログラムが出来ましたので、下記リンクご確認ください。
https://philippinestudiesgroupjapan.files.wordpress.com/2019/06/program-the-24th-young-scholarse28099-conference-on-philippine-studies-in-japan-
finalized.pdf


日時
2019年6月22日(土)23日(日)

場所
名古屋大学大学院国際開発研究科
〒464-8601 名古屋市千種区不老町
https://www.gsid.nagoya-u.ac.jp/ja/general/access/

参加について
フィリピンに関心のある方、またはフィリピンに関連する研究をしている方であれば、どなたでも参加できます。国外からの参加も歓迎しますが、実行委員会ではビザ取得や宿泊先確保の手続きを支援できません。

託児サービス
報告会場内に子どもたちが過ごせる別室および、授乳室を用意します。シッターなど託児サービスが必要な方はご相談下さい。

参加費
・有職者            3,000円
・大学院生・大学生、非常勤職  2,000円

懇親会費
・有職者            3,000円
・大学院生・大学生、非常勤職  2,000円

第24回フィリピン研究会全国フォーラム実行委員会
東賢太朗・日下渉・吉澤あすな
お問い合わせ先:philstudies2019(at)gmail.com

『 消えない差異と生きる─ ─南部フィリピンのイスラームとキリスト教』吉澤あすな、風響社

二つの宗教が混在する街、ミンダナオ島のイリガン市に暮らす人びとの「消えない差異と生きる」日常について。物語スタイルの記述で、人びとの暮らしや葛藤を活き活きと描き出していて、まるで映画のようです。ただ同時に、分断社会の民主主義や平和構築といったテーマにも重い課題を投げかけているように思います。

本書によると、イリガン市の日常は、複数の民族や宗教間の不信や無理解をも包み込んだ「共存」で成り立っているそうです。しかし、国家やNGOの和平のアプローチは、二つの宗教の間に明確な境界線を引こうとするので、この微妙なバランスで成り立っている「共存」を脅かしてしまったり、看過してしまうといいます。

たとえば、前アキノ政権は念願の和平を進めるべく、イスラーム教徒の自治政府設立を進めましたが、逆説的にも相互不信が高まり、暴力を誘発してしまいました。他方、NGOや大学は、理想的なイスラーム教徒と理想的なキリスト教徒の共存を説くけれども、人々の暮らしの実態からはかけ離れているといいます。

本書はこうしたアプローチの限界を指摘しつつ、ミンダナオの人々が実践してきた「きれいごとじゃない日常が作る平和」にもっと目を向けるよう促します。二つの宗教を超えた恋愛や結婚もあるし、そこから生まれる子供たちもいる。真面目なキリスト教徒が信仰を突き詰めた結果、イスラーム教徒に改宗することだって盛んになっている、というのです。

もちろん、宗教の境界線を越えたといっても、完全な調和が達成されるわけではありません。むしろ家族やコミュニティのなかに複数の宗教が入ることによって、反目や葛藤も生じます。でも、それでも家族や隣人として一緒に暮らし続けていく。そんな「決して消えない差異を内包した共存」があるというのです。

ただ昨年には、イリガン市のすぐ隣にあるマラウィ市で大きな戦闘があったように、そんな微妙なバランスで成り立ってきた「共存」も壊れつつあるのかもしれません。そんな時に、政策レベルで人びとの日々の共存を活かした和平というものをどのように構想できるのでしょうか。政策は、どうしても「誰か」ではなく、「何か」という集合で人びとを捉えてしまうので、なかなか難しいですよね。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51CZWyHEpzL._SX346_BO1,204,203,200_.jpg

“Discipline and desire: Hansen’s Disease patients reclaim life in Culion, 1900–1930s”

Please see my latest baby. I had been pregnant with this for many years. This is about love, sex, family and dignity of our lives. I really love her, perhaps one of my favorite baby.

I am deeply grateful for all those who kindly helped my first and perhaps last historical research, especially people of Culion who inspired me to envision new way of life. I hope you enjoy this piece which I tried to write like a novel.

“Discipline and Desire: Hansen’s Disease Patients Reclaim Life in Culion, 1900-1930s”, Social Science Diliman 13(2): 1-29, 2017.

Cover Page

『つながりを求めて: 福島原発避難者の語りから』 辰巳頼子・鳫咲子 (著)

著者の辰巳頼子さんから頂きました。福島原発事故から自主避難されてきた家族たちの物語。帰りの新幹線の中で読んでたら、思わず泣きそうに。

それにしても、避難者たちに寄せられる共感ではなく、非難と懐疑の眼差しに心が苦しくなります。フィリピンだったら、困難な状況に置かれた人々にもっと自然な共感や共苦の感情が寄せられると思うのですが、日本では苦しさを苦しさとして語ることさえ阻む何かがあるように思います。

共感されるには、何か特定の道徳的要件を満たさないといけない。下手に被害、被差別、苦しさなんかをアピールすると、徹底的に叩かれる。みなが日々を生きて行くために苦しんでいるから、あえて苦しみを語らざるを得ない人々を嫌悪するのでしょうか。

辰巳さんは、同じ子育て家族という共通項を立てることに可能性を見出していて、それはまったく正しいのだけど、そこにしか共感の回路を作り得ない社会が悲しくも思えます。

苦しみが嫌悪や分断ではなく、むしろ本書のタイトルにあるつながりを生み出すようにするにはどうしたらいいのでしょうね。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41lK3CcerfL._SX332_BO1,204,203,200_.jpg

Bandit Grabbed the State: Duterte’s Moral Politics

I am so surprised to know that the leading scholar Dr. Vicente Rafael kindly introduced and even uploaded (!) my latest piece on Duterte’s war on drugs and the poor to the academia edu. This one is published in the latest issue of Philippine Sociological Review edited by Nicole Curato.

Thank you so much Nicole for taking care of my piece, two anonymous reviewers who gave me very sharp comments, and my field informants in Manila, Davao and Leyte.

I meant “bandit” as “social bandit”, not as theft.

I appreciate both constructive and critical comments. It is always enlightening to exchange ideas with different people.

The following is the comment of Dr. Vicente Rafael.

—————————-
I just uploaded a very interesting article by ‘ Wataru Kusaka, “Bandit Grabbed the State, Duterte’s Moral Politics'” to @academia! https://t.co/3DsCh2cJmY
It is an attempt to puzzle through Duterte’s persistent popularity among the very people who he has been targeting in his drug wars, showing how they in fact feel grateful–and “safe”–for having survived the killings and therefore reassured of their “goodness” as “deserving poor”, vs. those who have been killed as “undeserving poor”.

If Duterete remains popular, it is because the poor themselves have bought into the narrative of moral valuation on which his legitimacy is based. Just as the poor are often outside of the law’s protection–and in fact are often victimized by the predatory behavior of its agents–so they come to identify with Duterte’s “bandit morality” as operating outside the law to keep them safe. And being “safe” and “secure” in the context of the bare life that they lead means being spared from the fate suffered by those who are deemed “immoral” and “subhuman”. Or so the argument goes…
Here’s the abstract to Kusaka’s piece:

“This article argues that Rodrigo Duterte’s outlaw legitimacy is anchored
on “social bandit-like morality.” It is characterized by the coexistence of
compassion and violence under a patriarchal boss who maintains justice
outside of the law. Urban legends have constructed him as a social bandit-like leader. However, the “moral we” who support Duterte’s discipline to save the nation has been constructed at the cost of the violent exclusion of criminalized “immoral others.” Anti-poverty programs that aim to mold the poor into a “moral citizenry” also exclude the poor who do not adhere to civic morality, for being “undeserving of rescue.” Against this background, the majority of the poor accept the war on drugs, believing they were saved for being “good citizens,” while those who were victims were “immoral others” who needed to be punished. However, the contradiction that a bandit, who is supposed to operate outside of the state, having grabbed state power entails risks. Despite the call for a strong state, state institutions have been weakened by his arbitrary decisions to implement his “tough love,” in distorted ways, thus creating sentiments among ex-drug users that their trust in the patriarchal leader has been betrayed. Without a strong legal legitimacy, the Duterte administration may face serious criticism
when patriarchal compassion is perceived to be untrue.”

ジェームス・スコット『実践 日々のアナキズム──世界に抗う土着の秩序の作り方』清水展・日下渉・中溝和弥 訳、岩波書店

ジェームス・スコット著『実践 日々のアナキズム──世界に抗う土着の秩序の作り方』(清水展・日下渉・中溝和弥(訳)が岩波書店から出版されました。原著タイトルは、Two Cheers for Anarchism でしたが、いろいろ相談してこうしました。

身の回りを見渡すと、工場、農場、売上、戦争、都市、教育、人間といった、ありとあらゆるものの生産性や効率性を数値化し、管理し、最大化しようとする「公式の秩序」に取り囲まれていることに気が付きます。そこでは計画者の立案するグランドデザインが社会秩序の規範です。そして、これを推進してきたのは近代国家と企業です。

しかし、この近代化のプロジェクトは、人びとが身の回りの者たちと日々の関わり合いのなかから、しばしば暗黙の了解によって作り上げてきた「土着の秩序」を破壊してきました。秩序を作りだす人間の相互性、自律性、創造性は失われ、誰かが作ったルールを盲目的に遵守することがばかりが求められているように思います。

こうした社会が、どれだけ人間の生の豊穣さを削り取ってきたことは改めて言うまでもないでしょう。

スコットのいうアナキズムとは、国家を否定するものではなく、むしろ一般の人びとが自らの自律性、相互性、そして尊厳を抱きながら、国家に依存することなく、自ら秩序を作り出していく実践を擁護する思想です。言い換えれば、卓越した知的エリートによる完璧な計画よりも、民衆の協働による絶え間ない試行錯誤(失敗と学びの繰り返し)を擁護する立場です。

生活のあちこちで進む管理化と効率化に息苦しさを感じる一般の人びとにも気軽に読んでもらえるよう、できるだけ分かりやすく、心を込めて翻訳しました。尊厳と自律性をもち、他者との関わり合いを楽しみながら、与えられた数値を満たすためだけに必死に頑張らなくても暮らせるような、もっと生きやすい社会秩序を考えるための手かがりになると思います。