イベント」カテゴリーアーカイブ

「外国につながる子どものことばとこころ──生きぬく力をはぐくむ 学校・家庭・地域の役割」

日本で暮らす外国につながる子どもを支える取り組みに関する講座が、7月25日に京都で開催されます。フィリピンにルーツをもつ子供たちの支援活動に取り組んできた内田晴子さんのコーディネートのもと、長年の経験をもつお二人の講師が、ご自身の豊富な経験にもとづいて、具体的な対策についてご講演してくださる予定です。とりわけ、ご家庭、学校、職場、近所などで、外国につながる子どもたちと関わる機会の多い方には、貴重な機会です。

——————————————————————–
(京都市地域・多文化交流ネットワークサロン 第2回ボランティア講座)

外国につながる子どものことばとこころ
~生きぬく力をはぐくむ 学校・家庭・地域の役割~

7月25日(土)午後2時~4時
京都市地域・多文化交流ネットワークサロン(希望の家)
(JR京都駅 八条口から徒歩約10分)
http://k-tabunka.com/access.html

「子どもは日本語を覚えるのが早い」「日本生まれだから、日本語はまったく問題ない」
「お家の中でも日本語で会話してくださいね」
本当にそうでしょうか。まわりの大人たちが気をつけるべきことは何でしょうか。
具体例を交えながら、わかりやすく教えていただきます。
言語教育と精神科の貴重なコラボレーションです。ぜひお越しください。

【プログラム】
「母語と日本語 ~心と考える力を育て、なりたい自分になるために~」
京都市立春日丘中学校日本語教室 中山美紀子(なかやま みきこ)先生

「心を見わたせる心を育てる ~メンタライズMentalizeのお話~」
いわくら病院精神科医 崔烔仁(ちぇ ひょんいん)先生

(以上転送・転載歓迎)

The 20th Young Scholars’ Conference on Philippine Studies in Japan

Call For Papers:

The 20th Young Scholars’ Conference on Philippine Studies in Japan

We are pleased to inform you that the 20th Young Scholars’ Conference on Philippine Studies in Japan will be held at University of Shizuoka on July 4 and 5, 2015. The conference will be open to academics, students and practitioners who are interested in issues associated with the Philippines. Young scholars and practitioners are particularly encouraged to present their papers. If you would like to join the conference, please submit the form to the organizing committee by e-mail (20psfshizuoka@gmail.com)
*The form is located at the bottom.

Schedule: 4 July 2015 (Saturday): 13:00-17:00 (provisional)
5 July 2015 (Sunday): 9:00-17:00 (provisional)
(Reception: July 4, 17:30-19:30)

Venue:
School of International Relations, University of Shizuoka, Yada 42-1, Suruga-ku, Shizuoka, Japan 422-8526
http://eng.u-shizuoka-ken.ac.jp/index.html
University of Shizuoka Campus Map
http://eng.u-shizuoka-ken.ac.jp/outline/cam_map/index.html
Access to University of Shizuoka
http://eng.u-shizuoka-ken.ac.jp/outline/access/index.html

Presentation Details:
Individual presentation (for both academics and practitioners):20 minutes for the presentation and 10 minutes for the open forum.
*Please let us know if you need anything other than the usual projector and screen.
*We encourage you to bring your own laptop computer. If impossible, inform us.

Please submit the form by 25 May 2015, Monday. (For non-presenters, by 25 June 2015, Thursday.)

Languages for Presentations:
Japanese, English or Filipino (No translation will be provided.)

Registration Details:
Registration Fee (payable on site):
Full-time instructors 3,500 yen
Graduate students/Part-time instructors 2,500 yen
Undergraduate students/Foreign students 1,500 yen
Reception (payable on site):
Full-time instructors 3,000 yen
Graduate students/Part-time instructors 2,000 yen
Undergraduate students/Foreign students 1,000yen

Submission of the Extended Abstract for the Conference Proceedings:
A presenter is required to submit an extended abstract of the presentation (3 pages of A4 size maximum) to the organizing committee by e-mail by July 3 in MS Word format. If you fail to submit it by this date, your extended abstract will NOT be included in the proceedings.
After receiving your submission, we will send you a confirmation within a week.

Purchasing conference proceedings:
One copy of the conference proceedings will be provided free for all paid registrants. For non-participants who want to purchase the conference proceedings (1,000 yen per copy, domestic shipping in Japan only), please contact us. We will send you a copy upon receiving your payment.

The 19th (2014) Young Scholars’ Conference on Philippine Studies in Japan site;http://home.hiroshima-u.ac.jp/nagasa…/1stcicularenglish.html

Note: For those who live outside Japan attending the conference, the organizing committee does NOT provide any assistance for visa application.

Note: If you do not want to receive emails from the organizing committee of the Young Scholars’ Conference on Philippine Studies in Japan any longer, please contact us.

Thank you very much. We are looking forward to meeting you in Shizuoka.

Prof. Yasuaki TAMAKI (University of Shizuoka)
Chairperson, Organizing Committee
Contact person: Prof. Taihei OKADA (Shizuoka University)
E-mail: 20psfshizuoka@gmail.com / taihei-okada (at) inf.shizuoka.ac.jp

**********************
Registration Form

After completing it, please send the following form to 20psfshizuoka@gmail.com
* We will make sure to send you back within a week a confirmation of registration and receipt of extended abstract. If you receive no confirmation, please let us know again.

Name:
E-mail address:
Affiliation:
Participation types (select one): Presenter / Non-presenter
Reception: yes / no
Do you order a box lunch for July 5 (600 Yen)?: yes/ no

**********
Additional Information for Presenter

Your cellphone number (For emergency use only):
Title of your presentation:
Language to be used:
Abstract (100 words maximum in English or Filipino or 200 characters in Japanese):

第20回フィリピン研究会全国フォーラム

「第20回フィリピン研究会全国フォーラム」の開催案内が届きました。
運営のみなさん、どうもありがとうございます。私も参加しようかと思っています。

——————————————
第20回フィリピン研究会全国フォーラム開催について

拝啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
第20回フィリピン研究会全国フォーラムを下記の要領にて開催いたします。フィリピンに関心のある方ならばどなたでもご参加できます。研究発表に加え、 実践的な活動の発表も歓迎いたします。参加ご希望の方は、下記フォームにご記入のうえ、事務局(20psfshizuoka@gmail.com)までお 申し込み下さい。

[日時] 2015年7月4日(土) 13:00-17:00(予定)
2015年7月5日(日)  9:00-17:00(予定)
(懇親会7月4日(土) 17:30-19:30)
[場所] 静岡県立大学(谷田キャンパス) 国際関係学部
住所:〒422-8526 静岡市駿河区谷田52-1
アクセスマップ:
静岡県立大学キャンパス案内
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/outline/access/index.html
谷田キャンパス交通アクセス
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/outline/access/index.html#p1
谷田キャンパスマップ
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/outline/cam_map/index.html

[発表申し込み締め切り] 5月25日(月)
下記フォームに記載して、期限内に事務局メールアドレスまでご提出下さい。
[参加申し込み締め切り] 6月25日(木)
下記フォームに記載して、期限内に事務局メールアドレスまでご提出下さい。
[発表言語]
日本語、英語、フィリピン語(通訳者はつきません)
[発表形式]
研究発表及び実践発表 30分(発表20分、質疑応答10分。予定)
*会場はプロジェクタ使用可能。スピーカー利用の場合は、あらかじめご連絡下さい。
*原則としてノートパソコンをご持参下さい。持参不可能な場合はご相談に応じます。

[参加費]
常勤教員・有職者     3,500円
大学院生・非常勤教員など 2,500円
学部学生・留学生     1,500円

[懇親会費]
常勤教員・有職者     3,000円
大学院生・非常勤教員など 2,000円
学部学生・留学生     1,000円

[抄録集用の発表要旨の提出]
発表される方は、抄録集用の発表要旨(A4用紙3枚以内)を研究会の前日(7月3日)までに事務局宛てにMS Word の添付ファイルにて送付してください。前日に提出がない場合は掲載しません。ファイルを受信後、こちらから受信確認のメールをお送りします。

[抄録集を希望される方]
当日不参加で抄録集を希望される方は、事務局までご連絡ください。一部1,000円(送料込)でお送りします。

[過去の全国フォーラムの目次サイト]
http://www.d1.dion.ne.jp/~zmackey/foruminjapan.html
前回(第19回全国フォーラム)のサイト
http://home.hiroshima-u.ac.jp/nagas…/1stcicularjapanese.html

※海外からの参加も可能ですが、事務局側としてはビザ取得のための支援はできませんので、ご了承ください。

※次回以降、フィリピン研究会全国フォーラムについての情報の配信をご希望されない方は、お手数ですが、このメールアドレスまでその旨ご返信ください。

第20回フィリピン研究会全国フォーラム
実行委員会委員長:玉置泰明(静岡県立大学)
受付担当:岡田泰平(静岡大学)
20psfshizuoka@gmail.com/taihei-okada@inf.shizuoka.ac.jp

*参加申し込みおよび発表要旨を受領後、こちらから受信確認のメールをお送りします。メール送信から1週間たっても受信確認メールが届かない場合は、再度、ご連絡をお願いします。
=======以下をご返信下さい=======
お名前(日本語・アルファベット):
連絡用メールアドレス:
ご所属:
ご住所(抄録送付希望の方):
参加区分: 発表 参加のみ
懇親会: 出席 欠席
7月5日の弁当(600円): 注文する しない

====以下は発表希望者のみ====

携帯電話番号(緊急連絡に使用します):
発表題目:
使用言語:
発表要旨(日本語200字、英語100語以内):

絶望の島から希望の島へ「クリオン島」 ―ハンセン病と差別の中に生きる人々―

5月に京都大学でクリオン島について話をしようとしていたら、ちょうど同じ時期に立命館大学の平和国際ミュージアムでクリオンの写真展がやっているようです。友人から教えてもらいました。足を延ばしてみようかと思います。
主催しているのは、どうやら昨年のクリオンでの台風被災復興支援ワークキャンプに参加した方のよう。

ワークショップ「日本に暮らす移民に対する多言語サービスの現状と課題──当事者とNGO、行政の視点から」(2015.4.28)

4月28日に、POPIC(真の多文化共生を目指すパブリック・アウトリーチ・プロジェクトin名古屋~地域のために、地域と共に)が主催するワークショップ『日本に暮らす移民に対する多言語サービスの現状と課題:当事者とNGO、行政の視点から』が開催されます。職場の院生さんたちが頑張ってしている活動です。
在日フィリピン人については、後藤美樹さんがご登壇。

—————————————————————–
We are pleased to announce the following workshop by POPIC.
(日本語は後に続きます)

*POPIC (Public Outreach Project for fostering Intercultural Coexistence in Nagoya – University for the people, with the people -) is a community participatory project selected as one of the Nagoya University Alumni Grant Program and GSID Alumni Grant Program, composed of mainly students of Nagoya University collaborating with specialists (NGOs, administrative lawyers, university professors etc.). Our main goal is to contribute to the construction of an Intercultural society by collectively identifying the main problems faced by immigrants and engaging on solving them.

– Title: Open Workshop “Current status and challenges of Multilingual support to migrants in Japan: from the viewpoints of migrant, NGO and local government”
– Date: 18:00 – 19:30, Tuesday, April 28th, 2015
– Location: Meeting Room 1, Nagoya University Graduate School of International Development (8th floor)
– Language: Held in Japanese with English interpretation

– Schedule
18:00-18:30: From the viewpoint of migrant (Ms. Nayara Natsumi KINJO)
18:30-19:00: From the viewpoint of NGO and local government (Ms. Miki GOTO)
19:00-19:30: Q & A session

- Profile of speakers
1. Ms. Miki GOTO
Studied Filipino language at Osaka University of Foreign Studies (Master’s Program) and Nagoya University Graduate School of International Development (Doctoral Program). Worked at Earthquake Disaster Information Center and Tabunka Kyosei Center in Hyogo.
Aichi Prefecture Multicultural Social Worker
Member of Filipino Migrants Center (FMC)
Gaikokujin Helpline Tokai (Representative)

2. Ms. Nayara Natsumi KINJO
Born in Brazil in 1992 (4th generation Japanese-Brazilian). Migrated to Japan in 1998 and received Japanese education.
Graduated from Kinjo Gakuin University College of Contemporary Society and Culture, Department of Community and Social Work
Kinjo Gakuin University Graduate School of Humanities, Sociology Major Master student
Since high school, she has engaged in the activities of an NGO established by her parents and now working as a coordinator of the NGO.

*This workshop is supported by Nagoya University Alumni Grant Program.
We are looking forward to your participation. This workshop is open to everyone (not only to Nagoya University members).
Please send an email to popic.nu@gmail.com for application.
We are looking forward to your participation.

POPIC
popic.nu@gmail.com

(以下、日本語)

以下の日程でPOPIC主催のワークショップを開催しますので、お知らせ致します。

※POPIC(真の多文化共生を目指すパブリック・アウトリーチ・プロジェクトin名古屋~地域のために、地域と共に)は名古屋大学同窓会支援事業および 名古屋大学国際開発研究科(GSID)同窓会支援事業に採択された、主に名古屋大学の大学院生が地域の専門家(NGO、行政書士、大学教授等)と協働で実 施しているコミュニティ参加型事業です。真の多文化共生社会の実現への貢献のために、日本に暮らす移民(外国人住民)が直面する課題を調査し、その改善に 寄与することを主な目的としています。

– タイトル:オープン・ワークショップ『日本に暮らす移民に対する多言語サービスの現状と課題:当事者とNGO、行政の視点から』
– 日時: 2015年4月28日(火) 18:00 – 19:30
– 会場: 名古屋大学 国際開発研究科棟8階 第1会議室
– 言語:日本語(英語の逐次通訳付き)

– スケジュール
18:00-18:30: 当事者の視点から(金城ナヤラナツミさん)
18:30-19:00: NGOと行政の視点から(後藤美樹さん)
19:00-19:30: 質疑応答

- 講師プロフィール

1. 後藤 美樹さん
大阪外国語大学大学院フィリピン語専攻 修士課程
名古屋大学大学院国際開発研究科 博士課程
外国人地震情報センター・多文化共生センター
愛知県・多文化ソーシャルワーカー
フィリピン人移住者センター(FMC)
外国人ヘルプライン東海 代表

2. 金城ナヤラナツミさん
1992年生まれ
1998年2月に来日
日系ブラジル人4世
日本の教育課程を経て現在に至る。
金城学院大学現代文化学部コミュニティー福祉学科卒業
金城学院大学大学院文学研究科社会学専攻2年生

両親が立ち上げたNPOで高校生の時から活動をし、現在は事業のコーディネーター。

※このワークショップは名古屋大学全学同窓会支援事業からの支援を受けて実施されます。

皆様のご参加をお待ちしております。本ワークショップでは名古屋大学関係者以外の方の参加も歓迎します。
参加申し込みはメールにて受け付けます。popic.nu@gmail.com
皆様のご参加をお待ちしております。

POPIC
popic.nu@gmail.com

東南アジア都市政治研究会 (2015.5.1)

2015年5月1日に、京都大学東南アジア研究所で、東南アジア都市政治研究会を実施します。詳しくは、下記のご案内をご参照ください。

オープンな研究会ですので、お気軽にお越しください。
皆様の参加を心よりお待ち申し上げます。

——————————————————-
東南アジア都市政治研究会

日時:5月1日(金) 15時30分から
場所:京都大学 稲盛財団記念館3階 中会議室

報告1 「生まれ変わる都市, 生み出される再定住地 ── マニラ首都圏の防災政策と都市の再編を事例に」
西尾善太(京都大学大学院 アジアアフリカ地域地域研究科)

マニラ首都圏の都市貧困世帯は, 1960年代以降都市のあらゆる所に住まい、居座り続けてきた。しかし、近年の再開発による強制撤去や防災計画による撤去により, こうした貧困世帯の郊外への集積が行われており, 数年前には荒野だった土地に再定住地が生み出されている。再定住の問題を考察する上で、これまでのスクワッター地区への行政による政策の遍歴を追い、現在 進められている防災計画による撤去と再定住を位置づける必要がある。
その上で, 従来の再定住地へ対抗する言説として、強制撤去の暴力性、生活・習慣・コミュニティの破壊などが政治組織によって叫ばれる中で、実際に再定住地へと移った 人々の生活は必ずしも崩壊している訳ではない。移住者の生活をめぐる戦いは, 再定住地の内部で生じており、新たな関係性や生活戦術の構築と蓄積がなされている。従来のスクワッター信仰から離れ、新たな地で暮らすことの萌芽を提示す るのが本研究の目的である。

報告2 「民主化過程の周縁で──インドネシアの民主化においてエスニシティを資源とした大衆組織がもつ意味」
中村昇平(京都大学大学院文学研究科)

現在のインドネシア社会は民主化の進展と権威主義体制への反動が拮抗する状況にある。本発表ではこの二面性を顕著に体現する局面としてエスニシティを動 員原理に掲げる大衆組織の活動に焦点を当てる。先行研究においてこうした組織は一様に民衆から社会経済的資源を搾取する動員主体として描かれてきた。本発 表は、動員対象である中下層の住民にとって収奪者となる危険性と庇護者となる可能性とを併せ持つ大衆組織の両義性を、動員される住民からの視点に注目して 考察する。
こうした両義性は現実には単純で平板な二項対立図式に収まるものではない。それらは複雑に絡まり合うかたちで生起する。しかしそれにも拘らず、人びとの 表象や語りの次元では二分法的修辞が反復され、強調される。二分法の修辞に注目して生活世界の視点から大衆組織の活動を見れば、それがある局面においては 住民の生活世界を拡張する契機として、人々が自らの目的達成のために利用可能な社会的資源を提供する回路の一つとして認識されていることが分かる。こうし た考察を通して、エスニシティを資源とした大衆組織の活動が草の根からの民主主義定着に沿ったかたちで展開する可能性を示すことが本発表の目的である。

お問い合わせ先
名古屋大学大学院国際開発研究科
日下 渉
kusaka@gsid.nagoya-u.ac.jp