トップ

国際協力専攻は3プログラム(ガバナンスと法平和構築社会開発と文化) から成り立っています。基幹教員9名は、法律学、政治学、社会学、歴史学、民族学をバックグラウンドとする教員から構成されており、開発法学、開発政治 学、開発社会学、開発人類学といった多様なテーマを研究し、教えています。在籍学生(大学院)93名のうち46名(49%)が留学生で、22カ国・地域か ら来ており、国際的な雰囲気の中、大部分の講義を英語で実施しています。 国際協力専攻における研究の詳細については、国際開発研究科のホームページをご覧ください。