教員の紹介

サヴェリエフ イゴリ SAVELIEV, Igor

専門分野: 歴史学/ Ethnic and Migration Studies

氏名

サヴェリエフ イゴリ

 

略歴

1998年    新潟大学 人文学部 助教授

2004年4月 名古屋大学大学院 国際開発研究科 准教授

 

自己紹介

 国際コミュニケーション講座のサヴェリエフ・イゴリです。出身はロシアのサンクト・ペテルブルグです。サンクト・ペテルブルグ国立大学東洋学部を卒業し、大学院を修了した後、国際開発研究科で博士後期課程を受けました。1998年に、新潟大学人文学部助教授に着任し、2004年4月に国際開発研究科に転出いたしました。
サンクト・ペテルブルグ国立大学東洋学部の時から、東北アジアの人の移動や移民政策に関心をもち、最初には明治・大正時代の日本移民政策の研究を行い、後に極東ロシアの移民問題について調べ、2000年前後からは、東北アジアの現代の移民問題についても調査を行い、東北アジア地域を中心に、人の国際移動、移民と国家の関係、エスニック・アイデンティティの問題などを多面的視点から研究しています。最近の研究プロジェクト「東北アジア(日中韓露)における朝鮮族の拡散と新コリアン・ネットワーク形成の研究」では、櫻井龍彦先生と浅川晃広先生と共に、旧ソ連のエスニック・コリアンや中華人民共和国の朝鮮族の近年のモビリティや文化的アイデンティティについての調査を行い、国際開発研究科において国際シンポジウムを開催いたしました。その調査の成果の一部は、Mobility Decision-Making and New Diasporic Spaces: Conceptualizing Korean Diasporas in the Post-Soviet Space (Pacific Affairs, 83巻 3号, 2010, pp. 481-504)にて発表いたしました。主要な著書は、『移民と国家―極東ロシアにおける中国人、朝鮮人、日本人移民―』(お茶の水書房 、2005年)と『太平洋の彼方の日本人―北南米における日本人移民史―』(サンクト・ペテルブルグ東洋センター、1997年)です。
大学院では、「移民と定住」、「ディアスポラ論」、「エスニック・スタディ」、「人の移動と異文化理解演習」という科目を担当しております。また、教養教育院では、1・2年生向けのロシア語の授業を担当しております。

 

著書、業績(最近の主なもの)

  • “A Question between Empires”: the Restriction of Japanese Immigration in British Columbia and the Reassessment of Japan’s Foreign Policy, 1907-1908. Japan Forum, The British Association of Japanese Studies, 2016.http://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/09555803.2016.1149204
  • Trapped in the Contested Borderland: Sakhalin Koreans, Wartime Displacement and Identity, in Christine de Matos, Mark Caprio (eds.) Japan as the Occupier and the Occupied, Basingstoke: Palgrave Macmillan, 2015, pp.172-190.
  • Border, Borderland and Migration in Sakhalin and the Priamur Region: a Comparative Study, in Philip Seaton and Svetlana Paichadze (eds.) Karafuto / Sakhalin: Voices from the Shifting Russo-Japanese Border、London and New York: Routledge, 2015, pp. 42-60.
  • Mobility Decision-Making and New Diasporic Spaces: Conceptualizing Korean Diasporas in the Post-Soviet Space (Pacific Affairs, 83巻 3号, 2010, pp. 481-504)
  • 『移民と国家―極東ロシアにおける中国人、朝鮮人、日本人移民―』(お茶の水書房 、2005年)
  • 『太平洋の彼方の日本人―北南米における日本人移民史―』(サンクト・ペテルブルグ東洋センター、1997年)

 

ホームページ、プロフィール等

教員プロフィール http://profs.provost.nagoya-u.ac.jp/view/html/100000416_ja.html

 

大学院の担当科目

「移民と定住」, 「ディアスポラ論」, 「エスニック・スタディ」, 「人の移動と異文化理解演習 I, II」

 

主担当プログラム名

人の移動と異文化理解

 

講座名

国際コミュニケーション講座

 

全学教育での担当科目

ロシア語


最終更新日:2016.04.19