教員の紹介

加藤 高志 KATO, Takashi

専門分野: 言語学/ フィールド言語学

kato氏名 

加藤 高志 (カトウ タカシ)

 

略歴
2004年 名古屋大学大学院 国際開発研究科 助教授

2008年 名古屋大学大学院 国際開発研究科 准教授

 

自己紹介

 専門分野は言語学です。タイとラオスで話されているチベット・ビルマ系、オーストロアジア系、タイ・カダイ系、フモン・ミエン系の諸言語の研究を、現地調査によって行っています。タイにおいては、リス語というチベット・ビルマ系の言語の研究を中心に行っており、記述文法書と辞書を書いています。ラオスにおいては、4系統の諸言語のうち、消滅の危機に瀕した言語に特に重点を置いて、数十の言語の基礎的調査を行っています。

 

著書、業績(最近の主なもの)

  • チベット・ビルマ系諸語, 加藤高志, タイ文化圏の中のラオス:物質文化・言語・民族 (頁:139-166), 2009年
  • モン・クメール系諸語, 加藤高志, タイ文化圏の中のラオス:物質文化・言語・民族 (頁:166-192), 2009年
  • Linguistic survey of Tibeto-Burman languages in Lao P.D.R., Research Insitute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Takashi Kato, 2008年
  • Lisu folk tales, Institute for the Study of Languages and Cultures of Asia and Africa, Takashi Kato, 2001年

 

ホームページ、プロフィール等

プロフィール http://profs.provost.nagoya-u.ac.jp/view/html/100002699_ja.html

 

大学院での担当科目

「人類言語学」, 「フィールド言語学」, 「言語情報処理入門」, 「言語教育と言語情報演習 I, II」

 

主担当プログラム名

言語教育と言語情報

 

講座名

コミュニケーション科学講座

 

全学教育での担当科目

英語 (基礎, 上級, サバイバル, コミュニケーション, 上級リーディング2)


最終更新日:2013.04.11