教員の紹介

坂部 晶子 SAKABE Shoko

専門分野: 社会学・中国地域研究

IMGP0257

氏名

坂部 晶子 (サカベ ショウコ)

略歴

20002002年 東北師範大学(中国)へ留学

20033月  京都大学大学院 文学研究科 社会学専修 博士後期課程 研究指導認定退学

20071月  京都大学大学院 文学研究科 博士号(文学)取得

20084月  島根県立大学 総合政策学部 助手、助教、准教授を経て

20134月より名古屋大学大学院 国際開発研究科 准教授

 

書、業績(最近の主なもの)

  • 『「満洲」経験の社会学――植民地の記憶のかたち』、世界思想社、2008年。
  • 「北方民族オロチョン社会における植民地秩序の崩壊と再編」、『アジア遊学』145号、20119月。
  • 「植民・引揚げと『帝国』の記憶」、野上元・福間良明編『戦争社会学ブックガイド――現代社会を読み解く132冊』、創元社、2012年。
  • 「開拓民の受難」「東寧要塞」「東北烈士紀念館」「日満帝国婦人会」「平頂山事件」「万人坑」「満洲の記憶(中国人)「満洲婦人救済会」「楊靖宇」、貴志俊彦・松重充浩・松村史紀編『二〇世紀満洲歴史事典』吉川弘文堂、2012年。

 

ホームページ、プロフィール等

 

大学院での担当科目

「国際文化社会動態論」「異文化コミュニケーション論」「人の移動と異文化理解演習 I, II」、「文化社会研究方法論」

 

主担当プログラム名

人の移動と異文化理解

 

講座名

国際言語文化講座

 

全学教育での担当科目

中国語

 


最終更新日:2013.04.11