9/24公開講座「話し言葉コーパスの構築と分析」

イタリア,フランス,日本から,話し言葉研究の世界的第一人者を迎えて,音声言語を収集し,コーパスを構築し,言語学的に処理する方法を説明します.また,話し言葉コーパスを分析した具体的な事例を紹介します.対象言語は主にロマンス諸語(フランス語,イタリア語など)と日本語ですが,他の言語にも応用可能な幅広い観点から議論を行います.講義は日本語の通訳付きで,英語で行われます.

 

  • 開催日時: 2016年9月24 日(土曜日)10:30~18:00
  • 開催場所:国際開発研究科棟 8階 第1会議室
  • 2016_os_poster_petit受講料:無料
  • 問合せ先/申込み先:文系総務課(国際開発研究科)

TEL:052‐789‐4952・4953

Mailアドレス:kai-sou@adm.nagoya-u.ac.jp

  • プログラム
  • 10:30-12:00 丸山岳彦(専修大学)

「日本語話し言葉コーパスの構築と分析:回顧と展望」

  • 13:00-14:30  Philippe Martin (パリ第7大学・LLF, UFRL)

「段階的韻律構造とマクロ統語構造:話し言葉分析のための概念」

  • 14:45-16:15   Emanuela Cresti & Massimo Moneglia

(フィレンツェ大学・LABLITA)

「ロマンス諸語話し言葉コーパス(C-ORAL-ROM):話し言葉の収集と転記,韻律的手がかりによる発話ごとのテキスト・音声の同期   ―オースティンによる語用論の伝統に基づいて―」

  • 16:30-18:00 Emanuela Cresti & Massimo Moneglia(フィレンツェ大学・LABLITA)

「自然発話の語用論的基礎と情報構造」

 

  • 講義要旨と募集要項: こちらをクリック
  • 申込書: こちらをクリック
  • 申込期限: 9月16日(金)まで遂次受付(申し込み多数の場合は,先着順とします。)
  • 名古屋大学国際開発研究科主催,日本フランス語学会共催