1. HOME
  2.  > 10月18日(土) 名古屋大学ホームカミングディ 2014 キャンパスアセアン主催 GSID講演会・パネルディスカッション

10月18日(土) 名古屋大学ホームカミングディ 2014 キャンパスアセアン主催 GSID講演会・パネルディスカッション

最終更新日時 2014/10/10

10月18日(土)に開催される名古屋大学ホームカミングディイベントの一環として名古屋大学国際開発研究科にて、アジア日本相互交流センターICANの事務局長井川定一氏をお招きし、講演会及び、パネルディスカッションを開催します。

 

昨年11月にフィリピンに大きな被害をもたらした台風30号。名古屋大学国際開発研究科では、学生を中心に募金活動を行い、名古屋に事務所を置く、アジア日本相互交流センターICANの台風被害緊急救援活動に寄付をしました。アジア日本相互交流センターICANは、災害発生5日後からNGOとして最も早くレイテ島東海外の町で緊急救援活動を開始。食糧、住宅、教育、生計回復のための緊急雇用等の様々な分野で住民とともに活動している団体です。

 

今回の講演では、事務局長の井川 定一 氏に被災地での活動報告をしていただきます。また、国際開発研究科からフィリピン大学留学中に現地で支援活動を行った国際開発研究科学生の体験談(ビデオ上映)、キャンパスアセアン(大学の世界展開力強化事業、ASEAN地域発展の為の次世代国際協力プログラム)参加学生であるフィリピン、タイ、カンボジアからの留学生と日本人留学生のパネルディスカッションを行います。

 

一般公開、参加費無料です。皆様のご参加をお待ちしております。

 

■日時 :10月18日(土) 14:00~16:00 (13:30~受付開始)
■場所 :名古屋大学国際開発研究科 8階 オーディトリアム
(住所:名古屋市千種区不老町)
※地図はこちら→ http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/
■参加費 :無料
■スケジュール
14:00~15:20: 第1部「台風災害地の現状と災害地への支援活動についての課題」(仮題)
アジア日本相互交流センター ICAN 事務局長 井川 定一 氏

 

15:25~15:55: 第2部 パネルディスカッション
「次世代リーダーに必要な能力やスキルとは」

 

<登壇者>
ICAN事務局長 井川 定一氏
キャンパスアセアン事務局長西村特任教授、
2014年度キャンパスアセアン長期受入学生フィリピン・タイ・カンボジア留学生
2014年度キャンパスアセアン短期派遣 日本人学生
15:55~16:00: 研究科長挨拶

■お問合せ :名古屋大学国際開発研究科 特任助教 神田すみれ
TEL: 052-789-4572 Email: kanda@gsid.nagoya-u.ac.jp
<主催> キャンパスアセアン プログラム

 

 

 

Homecoming Panel Discussion with ICAN-1